ユニフレームおすすめのメッシュウォールMサイズはレボタープLで使える?張り方、使い方ガイド

こんにちはあっくんです。
夏はキャンプ・BBQシーズン真っ盛り!!皆さん楽しんでますか✨

最近良くデイキャンプに行くのですが、日陰が無いところって結構虫が多いんですね。

タープをよく使うんですが、皆さんタープ内に虫が入って来るのが嫌らしい💦(虫好きな人も滅多にいないですけど)

変な虫に刺されちゃマズイ!(子供もいるので)虫対策になにか良い物でもないかと探していると!

ユニフレームのメッシュウォールなる物を発見!

今年初売りでレボタープを衝動買いしてしまい、倉庫の奥底に眠っていたんですがついに!活躍する時が来た!!・・・んじゃないかと思い早速調べてみることに💦

ネットで調べてみたらこのタープってオプションが結構充実しているみたいで、連結が可能みたいです。

まあ私の小遣いでは全てを揃えるのはちょっと・・(TOT)

で!考えた結果、日陰にも虫よけにもシェルターにもなるという事でメッシュウォールを購入する事にしました!

今回はユニフレームRevoタープLと、オプション品のユニフレームメッシュウォールの張り方を紹介したいと思います。

LサイズにMサイズ?

メッシュウォール購入する事を決めた私は、できるだけ安く買うためにショップをくまなく検索。

ただでさえお小遣いが少ない私は限りなく究極に安さを求める事が使命なのです💦。
安さを求めるブログも書いていますのでこちらも良かったら👇

【キャンプの初期費用を抑える方法】テントの格安購入方法をご紹介します

ありました!!なんと定価の半額以下で

あれ?でもなぜかLサイズだけがなくMサイズと600サイズだけ・・え~なんでLだけ無いの~(TOT)

ネットで調べたんですけど、LサイズタープにMサイズのメッシュウォールをつけている強者はいません!

だってMサイズタープ専用って商品説明文に書いてあるんですもん💦

いいでしょう!!!私が最初の強者になろ~じゃないですか
(頼みます!お願いします!!お小遣いがなくなるんです!!!)

観音様
・・・・・・・・

ジャーン!!買いましたLとMです

上がタープで下がメッシュウォール

レボタープ組み立て

まずはタープを組み立ててからメッシュウォールの組み立てに入ります。
早速袋から開けて中身をチェックしましょう

ふむふむ付属品の欠品は・・OK大丈夫♪サイドポールが2本付いてるのはありがたいですね。

最近の付属しているペグにしては長さも有り(30cm)まあまあ使える方です。
ペグ・ハンマーはちょっと硬い地面には不向きかな?買ったほうが無難ですね。

早速タープを広げて端と端にメインポールを置きます。
長いロープがメインポール用の紐になります。
ロープの中心を丸く輪っかになるように結びましょう。

輪っかをポール先端に置き両サイドを約40度~45度に引っ張り、端をペグで打ちます。
この時はロープは緩めたままで!締めるとポールが立てれなくなります。

両サイドのメインポールを立てて、ロープを締めます。
後は四つ角に残っているロープを結び、引っ張ってペグを打ちロープを締めれば完成です。

メッシュウォールを取付る

さあ今回の記事の本番はここからです。

メッシュウォールの取り付け開始!!
まずはタープ同様に袋を開けて中身をチェックします。

こちらも中身の内容確認OK!まずはメッシュウォールの端と端を探します。
ありました♪黄色いベルトが付いているのが両端になるそうです。

まずメインポールを一度おろしてポール先端にメッシュウォールの黄色いベルトの先っちょの穴・タープの穴・ロープの順に刺し直して再度ポールを立ち上げます。

この時、ポールは完全に倒さない方が楽です。

では逆側も同じようにベルトを取り付けてポールを再度立ち上げます。
ここまでは問題なく来ています!いい感じですよ~

次はタープの4か所に結んだロープの場所にそれぞれサイドポールを立てていきましょう。
一箇所ずつ順番に先程同様サイドポール⇒メッシュウォール⇒タープの順で立ち上げます。

ここで問題発生!!メッシュウォールサイドのベルトがポールまで届かない💦

やっぱりだめか~・・・と!よく見るとベルトの長さを調整できるじゃないですか✨
行ける!!行けるぞ!!4方のベルトを緩めてポールにはめていきます!

付属ペグで地面とメッシュウォールを止めていきます。
この際メッシュの部分を上にまくってオープンにできる部分にペグは打たないように注意しましょう。

チャックが上に上げれなくなります。
やりました!完成です♪

初張りしてはまあまあの出来です(下のスカートの部分きちんとすればよかったです、気温35度を超えてたので早く組み立てたかったので💦)

あ~でもほんとに良かったです無駄にならなかった。
検証⇒レボタープLサイズにMサイズメッシュウォールは使えました!!

まとめ

今回は大人気?ユニフレームのメッシュウォールを組み立てて見ました。
LタープにMメッシュウォールだと丁度良くタープがいい感じに外に出て日陰が作れる事が発覚(笑)

しかも5~6人は余裕では入れます。(頑張れば8人でも行けるかな?)
最初は熱がこもって暑いかな~なんて思ってたんですがビックリ!、全然涼しいです🎐
天井もメッシュになっているのでスクリーンタープより涼しいです。

夏場はこれいいかもしれませんね!
今回メッシュウォールMサイズが格安で手に入ったのでMサイズにしたんですが、組み立て方は一緒ですので財布に余裕がある方はLタープLメッシュで揃えちゃいましょう。

それでは皆さん良いキャンプライフを。

おすすめの記事