ジブリ風キャンプ飯!あの料理を焚き火で再現

こないだ買い物に行った時にたまたまステーキ並に大きなホワイトロースハムを発見!ただ焼いて食べるのもありですが、どうせならキャンプで楽しく、おいしく食べたいですよね♪

改めましてこんにちはサクラです♪

今回はこのホワイトロースハムを使ってあの!有名な料理を再現してみたいと思います。

材料と使う物

材料は至ってシンプルです。

<em>材料</em>

●ホワイトロースハム

●タマゴ

●塩コショウ(お好み)

これだけです。
使うものもスキレットのみなので簡単な上に超!時短です♪

ホワイトロースハムは売っていなければブロックベーコンで問題ナシです。

むしろベーコンの方が本物です(笑)
タマゴは今回用にちょっといいタマゴを買いに行ってきました。

コンロで焼くのはキャンプっぽくないので、かまどに火を起こしてもらいました。

今回は焚き火でこのシンプルキャンプ飯を作ります。
これならキャンプでも簡単に作れそうです。

ジブリっぽく焼く

まず、スキレットを温めます。
が、いつも使っているスキレットでは少し小さかったので、使っていなかった大きめのスキレットを使用しました。

しばらく放置していたので、シーズニングからやり直しました(笑)

最初に焚き火を起こしましょう。
今回は熾火にする必要はないので、薪をどんどん焚べてください。

炎に勢いがついたらスキレットを置いて煙が出るまで熱しましょう。

スキレットの準備が出来たら、まずホワイトロースハムから焼いていきます。

焦げやすいのでひっくり返したり、動かしながら焼いていきましょう。

ハムから油が滲み出てきたらタマゴを割り入れます。
今回はスキレットの大きさ上、2個でいっぱいいっぱいでした。

タマゴを入れたら燃えている薪を少し散らして火力を抑えます。
スキレットにフタをしてしばらく蒸し焼きにします。

スキレット用のフタがなかったので、ちょっとかっこ悪いですが適当な鍋のフタを使用しました(笑)

ガラスのフタは割れる可能性があるのでやめましょう。

いいタマゴは黄身がとってもキレイでおいしそうですね♪
やっぱり普段買っている普通のタマゴとは全然違います(笑)

タマゴはときどきフタを開けて焼き加減を見てください。半熟派の方は早めに火から下ろして予熱焼いても大丈夫です。

よく焼く派の方は白身が焦げ付かないように、一旦フライ返しでひっくり返して黄身を焼くのをオススメします。

出来上がり~ついでにチキンステーキ

焼き上がったら彩りで乾燥パセリをふりかけます。
見た目は完全にあのジブリ飯です。

キャンプの朝ごはんで作ったらテンション上がる事間違いなしですね!

このまま食べてもいいのですが、せっかく焚き火を起こしたのでついでにもう一品作っちゃいます。

鉄板で鶏もも肉のステーキを作ります。
下ごしらえですり下ろしニンニク・塩コショウ・チリペッパーをすり込みます。(辛いのが苦手な方はチリペッパーはなしで)

10分ほど置いてから鉄板でじっくり焼きます。厚みがあるので片面10~15分ほどやいてください。

中まで焼けたかは、真ん中をカットして確認してください。
十分に焼けてない場合はもう少し焼きましょう。フタをして軽く蒸し焼きにしてもいいと思います。

まとめ

キャンプでまさかのジブリ風のキャンプ飯を作ったらかなりテンションが上がりますね。

私も来年キャンプに行ったら絶対また作ります。(簡単なので)
これをパンで食べたら最高だと思います。

ちなみにチキンステーキは下ごしらえをしっかりしたので味付けナシでもおいしく食べれました。

味が薄かったらお好みで焼肉のタレや塩コショウを振ってください。

鉄板効果でとてもジューシーでした。
簡単なのでお子さんと一緒に作ると楽しいですね!

前日にDVDを見ておくとさらに効果的(笑)
ぜひお試しを!

では、よいキャンプ飯ライフを♪

キャンプでスキレットや鉄板を使ったらその日のうちにシーズニングを忘れずに!手入れしないで置いておくと錆びてしまいます。

我が家の鉄板は1枚錆びでしまって落とすのが大変でした。
調理器具はキレイな状態にしてから保管しましょう。

おすすめの記事