初心者キャンパー必見!キャンプで便利な小ネタ紹介

最近友人から、『キャンプをしてみたいけど何が必要なのか』を聞かれましていろいろ教えたんですが、その時にちょっと気づきました!

改めましてこんにちはサクラです♪

我が家はキャンプを始めてから、なるべく使いやすいように~とかなるべくコンパクトに~など、割と工夫してました(笑)

今回は我が家でよく使う、キャンプ用品の便利な小ネタをご紹介します♪

キッチン系の小ネタ

キャンプに行く時ってどうしても食材を欲張っていっぱい買っちゃうんですよね(笑)

大きめのクーラーボックスに全部入れて持っていくんですが、入りきらなかったり、クーラーボックスの中でどこになにがあるのか全く分からない状態でした。(相当ヒドイですね・・)

で!!

キャンプが終わるたびに家でいろいろ試行錯誤(おおげさ)してみました!

●食材は小分けパック!

買った食材(お肉など)をパックのまま入れれば当然かさばりますよね。

パックもゴミとして捨てるか持ち帰るかしなきゃならないので、かなりムダです。

なので、全部小分けにしてジップロックに入れてクーラーボックスに!!

連泊する場合は半分は冷凍で持っていけば保冷剤代わりにもなります♪

ゴミも最小限で済むのでおすすめです!

飲料のペットボトルは凍らせて!

すぐ飲むもの以外は冷凍庫で凍らせてクーラーボックスに入れれば、これも保冷剤代わりに♪

保冷剤と違って溶けたら飲むだけなので持ち帰る手間もなし!
一番下に入れておけば保冷力もUPです♪

●スパイス系調味料入れ

塩コショウやマジックソルトなど、キャンプで使いたいスパイスってけっこうありますよね。

いくら小分けの小瓶に入れても数があればあるだけかさばっちゃいます。

まとめて入れれるケースも売ってますが、それなりのお値段・・・
なので、これで代用しました!

【赤ちゃん用ミルクケース】100均で売ってます(笑) 

容量もあるし、繋げられるし、使い勝手かなりいいです♪
元々まとまってる物なのでかなりコンパクト!!
おすすめです。

見た目が気になる方は、ウッド調のシートやアウトドア系のシールを貼って使うとキャンプ感増しますよ!

●これでタマゴも安心!タマゴケース

毎度思ってましたが・・・タマゴってなんであんなにモロいんでしょうね(笑)

パックに入れたまま持っていくと必ず1個は割れてるし、かといって朝ごはんで使いたいから持っていかないという選択肢はないし・・・
で、ある時発見しました。

タマゴケース!(エッグホルダー)

これはアウトドアメーカーで販売しているんですが、卵が割れないのでめちゃくちゃ重宝しますよ♪

卵を持っていくなら必須アイテムです。

バーベキューの小ネタ

キャンプといえばバーベキュー♪
みんなでワイワイ作るバーベキューは準備も楽しいもの!

・・・なんていうのは経験者のセリフ(笑)
キャンプやバーベキュー初心者はまず準備の段階から大変です。

火おこしは実は簡単!

初心者の最初の難関は火おこし!!(炭おこし?)
着火剤を使ってもなかなか火が付かなくてイライラ・・・

なんてまるで昔の私(笑)
たまたまホームセンターで見つけた【火おこし器】←そのまま(笑)

これは買って良かったものベスト3に入りますね!!
これに炭を入れて焚き火やカセットコンロに置いておくだけ。簡単すぎます!

着火剤も新聞紙もなにもいりません。
いまだに活用してます(笑)

アルミホイルをフル活用!

バーベキューにアルミホイルはマストアイテムです。
食材に使うのはもちろんですが、それ以外の使い方もたくさんあります!

我が家で使う時は、鉄板の上に敷いて汚れが直接付かないようにする方法や、クシャクシャにしてタワシ代わりにしたり♪

でも一番使いたいのは、肉の避難所です。
網の上、1/3にアルミホイルゾーンを作っておくと焼いた肉を焦がさないで保温できます。

便利なのでぜひお試しを!

網の汚れは簡単に落とせる!

網ってバーベキューをする上で一番洗うのが面倒な物です・・。
落ちないし洗いづらいし、何かベタつくし!!

いっそ使い捨てでもいいかと思ってましたが、実は簡単に汚れが落とせます。

キャンプでも定番アイテム!ガスバーナーで完全に燃やしきってしまいましょう♪

バーベキューの汚れって大半が肉の脂です。

水で洗えば固まってべたべた、しっかり落とそうと思えば洗剤を大量に使わなきゃならない・・・
ですが、バーナーで一気に焼いてしまえば完全に炭になります。

カリカリになるので、あとは金タワシでこするだけで全部キレイになります!

バーナーがない方は焚き火の上に置いておくだけでもOKです。
片付けが格段に楽になりますよ♪

まとめ

家での生活とは違うキャンプでは、どれぐらい使い勝手をよくするかが大事です。

まだまだ小ネタはありますが、あまりにも多いし細かすぎるのですぐ使えそうなことのみご紹介しました♪

楽しいキャンプでも楽できる所は楽したいですよね。
ぜひ参考にしてみてください。

では、よいキャンプライフを!!

おすすめの記事