【簡単!キャンプおやつ】焚き火でスイーツを作ろう!

今回は焚き火を使ったスイーツ作りをご紹介したいと思います♪

今回使うのはこれ・・・・竹です!!

竹でバウムクーヘンを作ります♪

改めましてこんにちはサクラです♪

今回初めて竹でバウムクーヘンを作ってみましたが、これ実は。

ものすごくおもしろいです(笑)

大人だけじゃなく、お子さんも楽しみながら一緒に作れるので、とってもいい思い出作りもできるんじゃないかな~と思います。

では作り方をご紹介していきます!

必要な物&バウムクーヘンの材料

まず必要な物は。

【竹】

焚き火台の直径+30センチぐらいの長さは欲しいですね。

太さが約3~5センチぐらいあるとバウムクーヘンを育てやすいです♪←意味はあとでわかります(笑)

竹の準備ができたら、やることが2つ👇

①竹の各節に穴を開ける。

②竹全体をトーチで炙って余分な油分を取り除く。

特に①は確実に行ってください。
焚き火にかけた時に熱膨張して破裂する恐れがあります!

ついでに焚き火台もその辺の枝を使ってバウムクーヘン仕様にしちゃいましょう♪

焚き火台の高さ+20センチぐらいの枝を2本探して、先端を【Y】の字にします。(竹をかけて回す土台になります♪)

焚き火台に向い合せにして設置しましょう。

我が家の庭に設置したかまどなので、普通の焚き火台より大きめに作ってますが、キャンプ用の焚き火台に合わせて作ってください。

バウムクーヘンの材料はこちら♪

竹と焚き火台の準備ができたら次はバウムクーヘンの準備です♪

材料は至ってシンプル(笑)

●ホットケーキミックス 

●タマゴ 

●牛乳
ただのホットケーキの材料です!!
これでを作っていきます♪

あと必要な物がアルミホイルです。

バウムクーヘンの生地を付ける部分に巻いて竹にくっつかないようにするためです。

焚き火でバウム♪

さっそく作っていきましょう

まず準備した竹の真ん中(Yの字棒に乗せて焚き火が当たる部分)アルミホイルを巻き付けます。

これはバウムクーヘンを竹から外しやすくするためです♪

アルミホイルを巻いた部分にホットケーキミックスを薄く回しかけます。

なるべく均一になるようにするのがポイントです。

回しかけたら急いで!←ココ重要!
急いで焚き火に掛けて全力で竹を回します。

全力です

表面が焼けるまで回さないとホットケーキミックスが垂れてしまうからです。

表面が固まって焼き色が付いたら火から下ろし、またホットケーキミックスを回しかけ、焚き火で焼きましょう。

この作業をくり返してバウムクーヘンを作っていきます♪

バウムが大きくなってくるとコゲやすくなるので、薪を崩したり散らしたりでして火力を調整してください。

好きな大きさまで育てたら(笑) 火から下ろします。

火から下ろしたら竹からバウムを抜き取ります。

アルミホイルに一番近い節をノコギリで切り落とし、アルミホイルを引っ張ればそのままスポッと抜けます♪

あとはアルミホイルもバウムから抜き取ればアツアツのおいしいバウムクーヘンの出来上がりですよ~

完成~まとめ

そのまま好きな大きさにカットして、お皿に乗せておいしく食べてください♪

見た目はバウム、味はホットケーキ!!(何故か某探偵アニメ的な口調💦)

なのでお好みでメープルシロップなどかけて食べてもおいしいです!

今回のバウムクーヘン作りはブッシュクラフトの練習も一緒に出来るのでキャンプ初心者の方や、焚き火を楽しみながらスイーツを作りたい方、お子さんと一緒に楽しみたい方はぜひチャレンジしてみてください!

では皆さんもナイスなキャンプライフを!!

おすすめの記事