バーベキューで肉が美味くなる鉄板はこれ【BBQの楽しみ方】

バーベキューと言ったら肉!肉!肉ですよね♪

ですが市販のBBQコンロに付いてくる鉄板で、肉を焼いている貴方!実は肉の旨みを最大限に引き出せてないんです!!

今回はバーベキューで、肉をおいしく焼けるお勧めの鉄板をご紹介したいと思います♪

BBQにお勧めの鉄板

じらすのもあれなので説明は後程に回しましょう(笑)

お勧めの鉄板は!

ユニフレーム ファイアグリル エンボス鉄板!!

色々試した結果!上記の鉄板が、総合的に(個人的に)一番使い勝手がいいのです!!

耐久性・鉄板の厚み・重さ・面積が絶妙なバランスで作られているんです♪(因みにユニフレームの回し者ではないので安心してください(笑)基本的にオススメするのは実際に私が自分で使い込んだ物をお勧めします)

鉄板の性能

ここからは鉄板の性能をご紹介していきたいと思います。

ユニフレーム ファイアグリル エンボス鉄板 

W320×D323×20mm

【重量】約1.9kg

【生産国】日本

【材質】黒皮鉄板2.0mmエンボス加工(クリアラッカー焼付塗装)凸部にだけ材料が接するので、こびりつきにくく凹部に油がまわりやすくお手入れラクラク。

鉄板は3~4人で使うのに便利なサイズです。焚き火やキャンプでの使用に特にお勧めの鉄板サイズになっています♪

鉄板の厚みが2.0㎜とほどいい厚みになっていますので美味しい焼肉が食べれます。

これ以上分厚い鉄板になってしまうと、持ち運びには不向きですので、絶妙な重さに設計されています。

さすがメイドインジャパニーズでここら辺は使う人向けに作られていますね♪

鉄板はこんな方におすすめ

【キャンプやBBQが好きな方(BBQをよくする方)】

鉄板の厚みが厚いほど熱が蓄えられ高温で調理する事が可能です。

高温の鉄板で肉表面を一気に過熱する事により、肉の水分と旨みを逃がさず肉内部に閉じ込めることが可能になります。

家庭のフライパンでは味わえないジューシーな本格ステーキを作ることが可能です♪

【長く使えることが可能な鉄板が欲しい方(耐久力がある鉄板)

厚みのある鉄板ですので腐食しにくく長持ち!

鉄製ですので水分を拭き取らなければ錆びますが、表面が錆びるだけでタワシでゴシゴシ拭き取れば問題なし(笑)

シーズニングを行えば末永く使え、自分だけの鉄板に育てることが出来ます。

参考リンク👇
【スキレット・ダッチオーブン】キャンプで使う調理器具のお手入れ方法

【ユニフレームのファイアグリルとの相性が抜群】

ユニフレームの鉄板ですので、ファイアグリル(焚き火台)の上部にジャストフィットします。

もちろん鉄板単体でも問題なく使えます。

参考リンク👇
《UNIFLAMEファイアグリル》はキャンプで持っていきたい焚き火ハンガーNo1

実際に調理してみる

ここからは参考までに実際に私が調理した画像を紹介したいと思います♪

写真を見るとサイズ感が分かると思います。

【王道のステーキ200g】

【ジャンボハンバーグ4人前】

【殻付き牡蠣】

他にも焼きそばやお好み焼きなど使い勝手は抜群です♪

まとめ

今回はユニフレームから発売されているエンボス鉄板をご紹介してみました。

一度使うとBBQに欠かせない道具になること間違いなし!!気になった方は是非使ってみてください♪

おすすめの記事