キャンプに必需品なランタンの種類をご紹介

キャンプサイトの灯りといえば!ランタン♪
真っ暗なサイトを明るく照らすランタンはかかせないですよね。

でも種類がいろいろあるし、どんなのを選んでいいかわからない!

ランタンの知識を身につけて自分に合ったランタンを購入しましょう。

今回はランタンの種類を簡単にご紹介したいと思います。

初心者の方はぜひ参考にしてみてください♪

キャンプで使う3種類のランタン

キャンプで使えるランタンは大まかに3種類あります。

ガスランタン
主にガスを燃料として使用するランタン。ガスは家庭用の長ひょろいガスではなく専用のガス缶、通称OD缶(アウトドア缶)を使用する。

ガソリンランタン
ガソリンを燃料とするランタンで、アウトドア専用のホワイトガソリンを使用して明かりを灯す。

LEDランタン
乾電池式のランタンで、キャンプでなくても持っている方もたまにいる。
火を使わないので、テント内でも安心して使える

野外でよく使うランタンがガスとガソリン、テントやタープなどの室内で使うランタンがLEDです。

ガスとガソリンはLEDと違って使う前にマントルを取り付けたり、メンテナンスが必要だったりと少し手間がかかりますが、それがまたキャンプの醍醐味でもあります♪

LEDはお手軽に使えるので最初に使うにはオススメです。

ガスランタン

ガスランタンはサイト全体を明るく照らすメイン用と、テーブルに置いて手元を照らしたり雰囲気を作るサブ用で使い分けられます。

火を使って明るくするのでテント内では使えませんが、サブ用はスクリーンタープでサイドや入り口を開けた状態で使うには最適です。

メインで使うなら【Coleman 2500ノーススターLPガスランタン】がオススメです。

明るさ的には約200ワットぐらいなので、ヘキサタープの端に吊るしてサイトを全体的に照らすのに最適です。

連続使用時間はガス缶の容量にもよりますが、4~8時間ぐらいなので外で食事中に使うには十分な時間ですね♪

サブで明るさが欲しいなら【Coleman フロンティアPZランタン】がオススメです。

小さくても80ワットほどの明るさがあるので、テーブル上にピッタリです。

スクリーンタープやテントの前室で使うと便利です。
※必ず入り口は開けておいてください!
持続時間は6~12時間と、缶のサイズで時間がかなり変わってきます。

長く使うなら大きいガス缶を使用しましょう。

また、フロンティアは付属で吊り下げ用のチェーンがあります。
小さめのランタンハンガーに吊り下げるとオシャレです(^ω^)

メイン・サブ以外で1つ持っていたいのが、テーブルに置いてキャンプの夜を存分に楽しむことができる【Coleman ルミエールランタン】です。

食事が終わってみんなでまったり会話やお酒を楽しむ時にほんのりと照らしてくれるので、雰囲気作りには最適なランタンです。

点火装置はついていないタイプなので、マッチなどで付けるのもまたいいですよね。

また、ガスランタンは専用のガス缶が必要になります。

OD缶(アウトドア缶)は普通のカセットコンロ用のガス缶より少しお高くなってますが、ガスランタンを使うなら必須になります。

ルミエールはマントルが必要ありませんが、前2つは必要なのでもし購入を考えている場合はマントルも忘れずに!

ガソリンランタン

ガソリンランタンはガスやLEDに比べてちょっとハードルが高くなっています。

付ける前にやることがいっぱいあるからです。
ガソリンランタンには必ず必要なものがあります。

●ランタン本体(当たり前ですね(笑))
●ホワイトガソリン
●マントル
●ガソリンを入れる漏斗

ガソリンランタンは専用の【ホワイトガソリン】が必要です
ランタンコーナーに売ってるので必ず買いましょう!
その際に、一緒にマントルも購入!二度手間防止です。

着火する前にやることが3つあります👇

①マントルを付けて空焼き
②ガソリンを入れる
③ポンピングする

この3つの作業を行います。

初めてガソリンランタンを使う方は慣れるまでちょっと面倒ですが慣れたら手放せなくなります!
(私のおススメは【Coleman ノーススターチューブマントルランタン】です)

LEDランタン

LDEランタンは火を使わないのでテント内や、大きさによっては持ち運びにとても便利です。

電池のみで使えるので面倒なお手入れや、マントルの取り付けも必要ないので1つは絶対に持っていたいですね。

最近はアンティーク調の暖色LEDランタンや大光量のランタンもあるので選ぶ時に迷っちゃいますね。

ちなみに我が家で使ってる【Coleman クアッドマルチパネルランタン】は大光量な上にパネルが独立するので懐中電灯代わりや、各テントに持っていいけるようになっています。

暗くなってきて料理中に手元が見えづらくなってきた時にもこれがあると大変に便利です。

まとめ

ランタンはキャンプにはかかせないアイテムです。

夜のサイトは明かりがほぼないので、ランタンがないと手元や足元が見えなくて危険です。

特にテント外ではガイロープに足を引っかけて転んでしまったりなどありがちなので(私やりました・・・)必ずキャンプにはランタンを準備しましょう。

では、よいキャンプライフを♪

おすすめの記事