【キャンプで簡単肉料理】巨大ハンバーガーでキャンプ飯!

今回は見た目も豪華、写真も映える、そしておいしい♪
【巨大ハンバーガー】+αをご紹介します。

改めましてこんにちは!サクラです。

キャンプの楽しみといえば焚き火、花火、そして野外で食べるおいしいご飯ですよね♪
キャンプのご飯といえば・・

肉!!

なぜかキャンプに行くと肉が食べたくなります(笑)
でも毎度ただ肉を焼いて食べるのも飽きますよね。

ってことで今回は遊び心もこめて!!超巨大ハンバーグをつくちゃいます♪

※キャンプに行く提で家の庭で作りました。
娘がキャンプに行けるようになるまでは庭キャンしてます(笑)

巨大ハンバーガーとトマホーク♪

どうせキャンプで作るならただのハンバーガーじゃなく、目立つように巨大に作ってみようと思いまして♪

ついでに見つけたトマホークステーキ!
これも一緒に焼いてみました。

作り方はとっても簡単です。

キャンプ飯は凝っているように見せかけて簡単に作れる!が私のこだわりです♪

めんどくさいのはキライだから♪

まずはハンバーガー2個分の材料です👇

●ひき肉大×2 

●玉ねぎ1個 

●タマゴ2~3個 

●塩コショウてきと・・適量 

●パン粉適量 

上記がハンバーグの材料です。
至って普通の材料ですね♪

バーガーにするための材料がこちら!

◇バンズ×重ねたい分の枚数 

◇レタス2~3枚 

◇トマト半分 

◇とろけるチーズ➔必要な分をお好みで♪

今回私が作ったハンバーガーは2段重ね×2個なので、バンズは4組準備しました。

ソースはケチャップ・中濃ソースを半々で。甘くしたい方は砂糖を入れて調整してください。

ハンバーガーの作り方♪

まずは分担しましょう♪
ハンバーグを作る担当と、火おこしの担当です。

火は焚き火でも炭火でもどちらでもOKですが、焚き火の方がオススメです。

理由はのちほど♪

ハンバーグ担当はまず玉ねぎをみじん切りにします。

キャンプ場でみじん切りにするのは面倒なので、私は家でやってきちゃいます(笑)

本当はみじん切りにした玉ねぎはフライパンで炒めるんですが、今回作るハンバーグは分厚いので蒸し焼きにします。

なので玉ねぎも蒸されてちゃんと火が通るので安心してください♪

みじん切りにしたらひき肉と、残りの材料を全部混ぜてこねましょう。

混ざったらハンバーグ型に成形します。
今回は4つ分です♪

厚みが約3~4センチ!だいぶ分厚く作りました(笑)

では!焼いていきましょう♪

ついでにトマホークも焼いちゃいます☺ これは手に入ったらぜひ焼いてみてください。

ウインナーは・・おまけです(笑)

焚き火ですが、ハンバーグの表面を先にしっかり焼いておきたいので薪を追加して火力をあげておきます。

しっかり焼き目を付けて肉汁を中に閉じ込めましょう♪

今回はフライパンで一気に焼いちゃったんですが、形から入る方はぜひスキレットや鉄板を使ってください。

表面に焼き目が付いたら焚き火の火力を落とします。(熾火ぐらいになるとちょうどいいです)

火力を落としたら水を少し入れてフタをし、蒸し焼きにします。
分厚いので中までしっかり火を通しましょう。

真ん中に竹串を刺して透明な肉汁が出ればOKです!(濁った肉汁はまだ半生です)

焼きあがったらバーガーにしていきます♪(これが一番楽しい)

まずバンズ下段にソースを塗り、レタスを敷いてトマト、ハンバーグ、チーズの順に重ねます。

ここの作り方はお好みで大丈夫なので挟む物もいろいろアレンジしてみてください♪

あとはもう一段作ったらハンバーガーは完成です!

かなり巨大なので、写真を撮ったらみんなでシェアして食べてください(笑)

全部食べれる方はぜひそのままガブっといっちゃってくださいね!

一応竹串で留めましたが、二又のピンの方がしっかり固定されます。

というか、留めないと・・崩壊します(笑)
そのぐらい大きいです。

トマホークステーキの作り方

ハンバーグを焼いた焚き火をそのまま再利用しましょう♪
皆さま、トマホークステーキをご存じですか?

骨付き大きな肉なんですが、斧のような形をしているのでこの名前がついたそうです。

見た目もマンガ肉のようで、キャンパーの間では大人気なお肉の一つらしいです。

せっかくのトマホークは下手に調理しないでそのまま焼いて食べるのが一番おいしいと思います♪

ですが、下味はしっかりつけます!(臭み消しにもなる)

オーソドックスに塩コショウのみでもいいと思いますが、私はすりおろしニンニクを表面にすり込み、塩コショウ+粗びきコショウもたっぷりとかけました♪

ニンニクたっぷりは自己責任でお願いします^^
次の日が仕事の方や人と会う予定の方は自重してください。

下味をつけたら焚き火でじっくり焼きます。

分厚いので火が通るまで時間がかかるので、中弱火~熾火で時間をかけて焼きましょう。

焼いてる間に先に作ったハンバーガーにかぶりついてもOKです(笑)

トマホークの骨の部分ですが、ここも火を通しておきましょう。

生のままは不衛生になります。

夏場は特に危ないので、忘れずに!!

焼きあがったら冷めないように熱した鉄板に移して完成です♪

そのまま食べてもよし、切り分けてシェアするもよし!
大きいのでどんな食べ方も出来ちゃいます。

まとめ

大きいハンバーガーを作ったらキャンプ場でひと際目を引いちゃいますね♪

ただ、そのままだとかなり食べづらいので切り分けた方がいいと思います。

もちろん2段じゃなく1段にしたり、逆にもっと重ねてみてもおもしろいですよ♪

キャンプ飯は自由に作るのが楽しいので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは皆さんもナイスなキャンプライフを♪

おすすめの記事