鉄筋で作るコンパクトなスキレット鍋敷きを簡単に自作

皆さん!DIYで残った材料を捨てていませんか?今回はDIYで使った残り物を再利用して、誰でも簡単に作れるお洒落な鍋置きを自作します♪残り物がない場合の費用は500円もあればOKです(私は残り物で作ったので実質無料✨)

実は私!結構スキレットやダッチオーブンを使用するのですが、特にソロキャンプ(一人キャンプ)でコンパクトに収納できる鍋敷きを探してまして、まあ・・・中々ないんですよね💦

やっぱりアウトドアライフを満喫するためには、なんかこう無骨な感じというかお洒落な感じというか(すいませんうまく説明できません💧)

とにかく!!こう自分で組み立てて作る感じの、コンパクト鍋敷きを簡単に自作します。

材料

今回は二つの鍋敷きを作ってみましたので、お好きな方を選んで作ってみてください♪

使用した材料①

木材
長さ16㎝×6㎝厚み3㎝➡1個

鉄筋
厚さ9㎜➡60㎝

一息つくときの飲み物(何でもOK♪)

上記の鍋敷きは安定感ばっちり!サイズの割りにはデカい土鍋も問題なく置くことが可能です。勿論自宅で使ってもお洒落ですよ~♪

組み立て式なので(って言っても木の上に鉄の棒を置くだけですが💧)子供が喜んで組み立ててくれます(笑)

使用した材料②

木材
長さ16㎝×6㎝厚み3㎝➡1個

鉄筋
厚さ9㎜➡60㎝

両方の鍋敷きともに使用する材料は一緒です。

作業工程

作業に移る前に使った工具を説明します。

使用した道具

インパクトドライバー(電動ドライバーでもOK)

木に穴をあける9㎜のキリ

木材をカットするノコギリ

紙ヤスリ(100均でセットで売っている物)

鉄筋をカットする道具➡ディスクグラインダー又はカットベンダーがお勧め

100均で売っているクランプは(木材を固定する道具)あると便利ですが、必ずしも必要ではないです。

鉄筋はディスクグラインダーの方が時間はかかりますが、切り口がキレイに仕上げられます。

カットベンダーは鉄筋を曲げたり、カットすることが簡単に出来るので時間を短縮させたい方・アイアンワークを楽しみたい方におすすめです。

リンクは画像をクリック👇

鍋敷きの作り方①

まずは木材に穴をあけるために鉛筆で印を付けます。

木材の中心に目印を付けて、木材の両端から3㎝の場所にも印を付けましょう。

下画像の様に合計3ヶ所に印を付けてください。

印を付けた場所を9㎜のキリで穴を開けます。

では穴を開けてみましょう♪

穴を開けて裏側を確認すると!!はい!ふちが欠けているのが分かるでしょうか?

私はあまり気にしないのですが、綺麗に穴を開けたい場合は下画像の様に、木材の下に更に木材をおいて穴をあけるときれいにあきます♪

はい!綺麗に穴があきました♪まあ・・たまにミスると上手くあかないこともありますが💧

3ヶ所に穴をあけたら次はノコギリで木材をカットします。

穴が半分になるようにカットしましょう、。

はい!ぱかっと割れました。

あとは切り口を紙やすりで磨いて、凸凹を直しましょう。

紙やすりは粗目から使用します。まずは60番でゴシゴシ磨いて、最後に1000番で磨いて完成です。

今回は60番➡400番➡1000番で磨きました♪穴をあけた部分は紙やすりを丸めて使うと磨きやすいです。

これで土台が出来上がりました、あとはくぼみの上に鉄筋を乗せればOK!

60㎝の鉄筋を20㎝に3等分します。今回はカットベンダーで鉄筋をカットしてみました。

鉄筋をカットベンダーにはめて、グイっと取っ手部分を下におろせばカット出来ます。

カットした鉄筋を土台の上にセットしてみます。

せっかくなので、家にあったトーチ(バーナー)で木材を焼いてみましょう♪

焼き終わったらススを拭き取って完成です。

鍋敷きの作り方②

まずは木材に鉛筆で両端に半円形の線を引きます。長さは約14㎝にしました。

ノコギリで線の後を切っていきます。

紙やすりで角を滑らかに整えます。

つぎは出来上がった木材に穴を3ヶ所開けましょう。

中心に9㎜のキリで穴をあけ(10㎜でもOK)中心から両端3㎝話した場所にも穴を開けましょう。

はい!これで土台が完成しました♪

次は鉄筋を曲げていきましょう。

まずはベンダーで鉄筋を20㎝にカットします。

端から5㎝の場所に線を引いてベンダーで鉄筋を90度に曲げます。

ベンダーで鉄筋を曲げる場合は、下の写真の場所に合わせて曲げてください。

曲げ終わったら逆側も同じ様に曲げます。

出来上がった鉄筋を一度穴にはめ込みます。

はみだした鉄筋をカットすれば出来上がりです♪

後は先ほど作った鍋敷き同様に土台をトーチで燃やして色を付けます。

鉄筋をあけた穴にセットすれば鍋敷きの出来上がりです♪

まとめ

今回はもともと余った材料を無駄にしない!って感じで細々と家で作っていた物なのですが、思った以上に出来栄えが良かった(個人的に💧)

と・・言う事で鉄筋DIYの初級編的な感じとしては、結構とっつきやすいのかな~と思って記事にしてみました。

アイアンワークDIYで必須な、鉄筋をきる(カットする)そして鉄筋を曲げる作業が覚えられますので、この鍋敷きを取り敢えず作ってみてから本格的な鉄筋DIYを始めると効率がいいのかな~なんて思ったりもします。

因みに私はキャンプで地面が凸凹しているときは、テーブルセットがめんどくさいので、地べたに鍋敷きをおいてそのまま食事しています。

使い終わったら飯ごうにスポットしまう!結構らくですよ(笑)

まあ・・・人によってですね~色々と使い方はありますので、気になった方は作ってみてください♪

では皆さんもナイスなDIYライフを~♪

おすすめの記事